パピヨン4頭のにぎやかな暮らし♪
ウォルフィ病院
前記事の通り6日(金)に病院だったウォルフィですが、
その後またしても怪しい症状を発見してしまったので、
12日(木)にまた診てもらいに行ってきました。

左の犬歯の辺り、昨年11月に手術した辺りにまた
新しく潰瘍が出来ていました…(T_T)
先生に確認していただき、間違いなく…。
ということで、薬の服用を以前の飲み方に戻して
様子を見ることになりました。
幸いにも発見したてということもあり、以前のような
生臭さはまだ無くて患部も見た目はそんなに
ひどくない感じなのですが、ウォルフィはしきりに
口の周りを舐めたりして明らかに気にしている
様子だし、涙を拭こうと左側の目尻辺りを触ると
ヒャンと鳴くことがあるので強く触ると痛いのかも
しれません。

来月には定期検診で大学病院に行く予定なのですが、
もし今の薬の服用でも悪化が見られたらすぐに
行くということになりました。

薬を飲んでいても、毎日何度も何度も口の匂いを
嗅いだり口の中を見たりして気にかけていても
こんなです…本当に油断ならない…改めて
実感させられました(T_T)

せっかく取り戻せた体重が、この新しい潰瘍の
治療でまた落ちてしまわないようにしないと…(T_T)

一口に再発と言っても、症状としては手術の後に
出たのは歯茎の後退で、最初と今回は潰瘍…
一つの症状だけではないところがまた難しい。

今回の潰瘍がひどくなりませんように。


待合室でのウォルフィ

鼻の下が舐め過ぎでハゲているのがなんとも
痛々しく見えますが、元気です。
病院 / comments(0) / -
Comment