パピヨン4頭のにぎやかな暮らし♪
テレーゼ病院
1/30(金)、テレーゼの眼の診察に行ってきました。

ウォルフィの通院のことで記録することが多くて
テレーゼの眼のことは書いていませんでしたが、
前に書いた7月の診察以降もだいたい月1の間隔で
診察を受けています。

7月の時にあった右眼の斑点は12月の診察の時点で
薄っすらなところまで消えてきて、その後すっかり
消えて治ったー??と目薬を切ってみていたのですが、
先週に入った辺りにまた斑点が出ていました。
今回は斑点消えた報告が出来ると思っていたのにー。

「斑点が消えてもやっぱり目薬はしばらくは
切らない方がいいでしょうねー」とのことでした。
また斑点が出たので、ステロイド点眼薬1日3回に
戻ってしまいました…(>_<)

でも左眼は、もうかなり目薬切ってるけど再発が
ないので、このまま目薬無しでいいとのことです。
再発しませんように…。


このところ病院とかお友達のうちとかカフェとか、
個別でお出かけするパターンが多い我が家。
この日てれこは、洋服着たり自分のクレートが
用意されたりしている段階で「今日は私がお出かけ
するですね??」と察知したらしく…

クレートをリビングに持ってきたらすぐにクレートの
上に座ってスタンバっておりました…(^_^;)(笑)
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ病院
1月14日、ウォルフィの薬の追加をもらいに
かかりつけの病院へ行ってきました。

経過は、悪くはなっていないし新しい病変も現れては
いないんだけど、前からあった潰瘍が1つ未だに
治りきっていない…という状態です。
完全に快方に向かってない以上、薬を減らすのは
やめておいた方がいいだろうとのことで、引き続き
そのままの服用量でいくことになりました。

ウォルフィ、元気は元気なのですが、体重が落ちてしまい、
しかもなかなか戻りません。
先生曰く、免疫の病気というのは体の中が常に
闘っている状態なので、どうしても痩せていくし
なかなか戻るのも難しいんだそうです。
食欲もあって沢山食べても、常に全速力で走っている
ようなものだから消費しきってしまうようです。

なので、いつも助けてくれるお友達がまた今回も
ウォルフィのために回復メニューを考えてくれて、
いろいろ相談に乗ってくれています。
本当にありがたいです(T_T)
そのおかげで、体重は落ちたもののそこからは
落ちないようになんとか維持出来ています。

病気のことに細心の注意を払いつつ、ウォルフィの
体力や体が弱らないように気をつけていかないと
いけません。がんばります??


おまけ

とある朝、ご飯食べる〜?って言いながら撮った写真。
撮ってないではよくれ…って顔ですね(笑)
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ大学病院再診

ウォルフィの「リンパ球形質細胞性口内炎」、
10/28の大学病院での最後の診療の後も引き続き
抗生剤を服用して、定期的にかかりつけの病院で
様子を見ていただいていました。

が…11月の半ばあたりから、また口の中の臭いが
再発してきまして。鼻のブヒブヒも、前回ほどでは
ないけれど、術後に少しずつ治ってきていたのに
また少し音がし始めてきました。

かかりつけの病院でも診てもらっていましたが、
手術した部分を含む潰瘍は順調に回復しているし、
他に発症しているところは見られないとのこと。

でも間違いなく臭いが日々増してきているように
感じたので、なんかイヤ〜な予感がしてきました。
また同じようなことになってきたのでは!?と。
もしかして、前に骨が溶けていると言われた時、
最初は2か所とのことだったけど鼻まで穴が貫通
していたのは1か所だけだったのでそこを閉じて
もらったのですが、もしかして残る1か所が悪化して
また穴が開いてしまったんじゃないか!?とか…

いろいろ不安になってきて、これは実際にその穴を
見た先生にお尋ねしてみよう!!と思い、大学病院の
先生に連絡をして伺ってみました。
すると、結論としては「実際にまた診てみないと
はっきりしたことは言えない。術後の検診も兼ねて
また検査に来られないか?」とのことでした。

でもその時私が実は膝をケガしていて安静生活で
運転が出来ない状態だったのですぐには行けないと
お伝えすると、とりあえずかかりつけの先生と相談
してくださり、薬を追加して経過を診つつ、私の脚が
治ったら検査に行くということになりました。

以下、長くなります…

続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ・その後

11月のお出かけもあるのですが、記録の流れで
ウォルフィの現状を書き留めておきます。

手術からもうすぐ1ヶ月になろうとしています。
ウォルフィは、変わりなく元気に過ごしています。
大学病院で退院時に出された抗生剤が終わった後も、
かかりつけの病院で同じ薬をもうしばらく続ける
ということになって、現在も2種類の抗生剤を
飲んでいます。
その状況で、口の中の潰瘍は少しずつ良くなって
きていて、鼻もここ1週間ほどでもうすっかり
ブヒブヒ言わなくなりました。
くしゃみもほとんど出なくなりました。

抗生剤でこのまま治まっていくならそのまま
抗生剤を続けて、ステロイドを使わずに済むなら
その方がいいからということで、しばらく抗生剤で
様子を見ることになっています。


直近のウォルフィです。
相変わらずべろんちょ出てます(笑)



前述のホルン合宿やらお友達とのコスモス見物や、
11月に入ってからもまたお友達とお出かけしたりして、
とっても元気に楽しく過ごしています。
まだしばらくは薬を飲む生活ですが、それ以外はすっかり
いつも通りですので、ご心配なく(≧▽≦)

応援、本当に本当にありがとうございましたm(__)m

続きを読む >>
病院 / comments(3) / -
ウォルフィ大学病院へ・その5

退院してからうちでの様子は、口の中の傷を気にする
様子は全くなく、結局エリカラは1度も使わず終い。
お出かけも普通にしていいとのことだったので、
退院2日後にかかりつけの先生に報告と術後の傷を
診てもらいに行ったり、その後週末には前にも書いた
ホルン合宿にも行ったり出来ました。


そして10月28日、術後の診察に3度目の山口へ。





続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ大学病院へ・その4

10月21日、手術翌日です。

朝9時半頃に病院へ電話をしました。
そしたら、「傷の具合も問題なく、ご飯もちゃんと
食べたし元気なので、今日帰っていいですよ」と
言われました!!!
そして、前日のお話では、先生がお昼から会議が
あるので、退院出来るとしたら3時過ぎに迎えに
来てください…ということだったのですが、その
先生の用事よりも前までに迎えに来れるのであれば
それでもいいですよーと言われ、「これからすぐに
行きます!!」ってことで10時に迎えに行くことに!!!

この日も昼過ぎまでゆめタウンで暇つぶしかぁ〜と
思っていたので、なんとも嬉しい誤算でした!!

続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ大学病院へ・その3

10月20日、いよいよ手術の日です。

この日は、前回早く着き過ぎたことを踏まえ、
6時ぐらいにうちを出ました。
そしてこの日も8時半には病院に着けて、
診察の前に入院を控えての問診などを受けました。
診察を待つウォルフィ。
前回検査したとか私の緊張も感じ取っているのでしょう、
若干緊張した面持ちです。
鹿児島のお友達Reiさんがウォルフィのために送って
くれた富岡八幡宮のペット守りを着けています。
Reiさん、ありがとう〜〜〜!!!


そしてこの日も9時少し過ぎにはもう呼ばれました。
この日は内科の先生と実際に執刀してくださる外科の先生と
お二人がおられて、この日の流れの説明を受けました。
このまますぐに術前検査から手術に入るので、早ければ
昼過ぎには終わるだろうとのこと、麻酔から覚めた頃に
連絡をするので病院に戻ってきてくださいとのことでした。

続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ大学病院へ・その2

10月10日、いよいよ大学病院へ。

予約と言っても日にちだけで、時間はその日の受付順
ということだそうで、先生からは「9時前までには
着いておいた方がいいと思います」と言われていました。
調べてみると我が家から約2時間45分。
道に迷うことも想定して(笑)、念には念を入れて
5時半にうちを出ました。

朝日を高速道路上で迎え…さすがに早すぎました(^_^;)
時間調整のため関門橋のところのめかりPAにて休憩。

山口には行ったことはあるけど、自分1人で運転して
行くのは初めて。しかも初めての所に行くのでけっこう
緊張しておりました。
下関が見えます。


ウォルフィも一応記念撮影


この後、もう1度山口に入ってからトイレ休憩をして、
それから病院へと向かいました。

山口大学動物医療センター

結局8時少し過ぎに着き、玄関はまだ閉まっていましたが、
それでもすでに2組の方が並んでおられました。
駐車場には、山口ナンバーはもちろん、広島や北九州、
鹿児島ナンバーの車も見られました。

そして、8時半ぐらいに玄関が開き受付開始。
初診の用紙を書いてそれを提出したのが1番になった
おかげで、1番に呼ばれました。

続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
ウォルフィ大学病院へ・その1

さて、10月の楽しい出来事のUPが完了したので、
次は大変だったことの記録です。

このブログは、我が家の3きょうだいの成長の記録でもあるので、
治療からもうだいぶん経ちますが記録としてUPしようと思います。
長くなるかと思います。


タイトルの通り…ウォルフィ、山口大学にある
動物医療センターに行ってきました。



続きを読む >>
病院 / comments(0) / -
テレーゼの眼・その後

テレーゼの「点状角膜炎」。

4/19に診察していただいた後、しばらく間が
開いてしまいましたが、1日(火)に病院へ行って
きました。久しぶりになってしまいました(^_^;)

4/19の診察の後、ステロイド点眼薬と免疫抑制剤を
併用しながら徐々に免疫抑制剤だけにスイッチして
いく…ということになって、無事にスイッチ完了して、
ずっと1日2回の免疫抑制剤を続けていました。

最近ではよーく見ないと斑点がわからないほどまでに
回復してきていたのです!!!
ちょっとこの写真ではわかりづらいですが(^_^;)
(ライン状の白い点は天井のライトです)
なので、ついズルズルと病院へ行くのが延び延びに
なってしまっていたのですが…。
そうこうしているうちに、なんと反対側の右眼にも
薄っすらではありますがいくつかの白い斑点が
出てきてしまったのです。

「今度病院に行く時は、もうすっかり治ったことの
報告と、今後薬をどうするのか?の指示をもらう」
と考えていたのに、まさか反対側を診ていただく
ことになろうとは…ショックでした。
真ん中あたりに白くくっきり写っているのは
天井のライトで、その左側に小さい薄い白い点が3つ
見えます。これです。


それで1日(火)に診ていただいたところ、やはり左眼に
出たのと同じものだと言われました。
両方同時に発症することも多いのだそうです。
最初に診察していただいた時、一旦治ってもまた先で
再発する可能性もあると言われていたのが、こういう
ことか…とわかりました。

今回は発見が早かったし、診ていただいたのも早かった
から、左眼の最初の時よりもまだ傷としては浅いし
症状的には軽かったです。
治療は、またステロイド点眼薬を1日3回から。

左眼はもうほぼ治っているとのことですが、やはり
免疫抑制剤は細々とでも続けて行った方がいいという
ことだそうで、今は1日2回点しているところを、
1日1回にしたり2回にしたりして様子を見るように
とのことでした。
そして、この免疫抑制剤は効いてくるまでに少し
時間がかかるそうなので、右眼にももう併用して
行きましょうということになりました。

なので、これからしばらくは点眼がごちゃごちゃと
大変なことに…(>_<)

右眼=ステロイド点眼薬 1日3回
   免疫抑制剤軟膏  1日2回
   ※ステロイドと軟膏の間は5分開ける

左眼=免疫抑制剤軟膏  1日2回と1日1回を
            周期的に変えて

しばらくはこういう使い方で。
そして右眼も様子次第で、今後またステロイドと
軟膏を少しずつスイッチしていくことになります。

ちょっとボンヤリしていたら間違えそうで…(>_<)
なので、いろんなところにこうやって書いて
頭に叩き込んでいます(^_^;)

テレーゼは、軟膏タイプよりも液体目薬の方が
イヤならしく、久しぶりに点眼薬を点し始めたので
また思い出したように頭をブンと振ってます(-_-;)
とはいえ、テレーゼも私ももう慣れたもんで、
ちゃっちゃと済ませられるようになりました(^_^;)


あんなに白い斑点がいっぱいだった左眼が、ほとんど
キレイに戻ったので、右眼もきっと治るはず!!!
そう信じてまた点眼の日々をてれこと乗り越えて
行きますよ!!!

てれこ、がんばろう!!!



病院 / comments(2) / -